« デモリションマン | トップページ | 帰日、帰仏、ここ一ヶ月 »

2006年2月21日 (火)

上空6000マイル

しばらく更新してませんでしたが、翻訳してました。
一冊の本を二人で分担して訳してます。僕は後半担当。土曜日にやっと第一訳稿が終了。翻訳作業期間中はちょっと急ぎだったこともあり、殆ど部屋から出ず。ちなみにうちは、中庭に面していて直射日光があたらないため、部屋から出ないかぎり、日光不足になります。

人間には体内時計があるそうですが、それは一日25時間に設定されていて、人体が日光に当たると24時間に調整されるそうです。従って一週間日光を浴びないと、12時就寝が朝7時就寝になってしまう。白夜が長いこと続く北欧ではそれを防ぐため(だけではないと思いますが)の照明器具があるらしい。去年こちらのテレビでやってました。

おそらくそれも影響して、日ごと就寝時間が遅れ、土曜日は7時就寝でした。夜の方が作業がはかどるのでついつい寝るのが遅くなるというのもあるんですが。。とにかくこれで翻訳の方は一段落したので、(本当はもう一冊別のがあるんですが。。)これで研究に戻れる、二月後半から年度後半が始まり、それまでに指導教官に見せる文章を書かなければ、と思った矢先、再び日本に戻ることに。年末に申請していた長期留学支援制度の本省面接がなんと2月27日にあるとのこと。昨日実家にも郵送で知らせが届いたようなので、本決まりになりました。(書類関係で代理手続きして頂いた方々、その節はありがとうございました。)2月26日から3月10日まで滞在します。

問題は時差。就寝時間が7時間遅れている(個人的時差)ので日本とフランスの時差8時間と合わせると15時間の時差。日本からすると、アメリカ西海岸あたりでしょうか?時差的に僕がいるのは。帰るまでにせめてヨーロッパ時間に直したいところ。

Pendant que j’ai failli à renouveler, je me mettais au travail de traduction, dont je m’attache à la dernière moitié, finie le dernier samedi au niveau de brouillon.
Et alors je ne sortais très peu puisque je me dépêchais un peu. Par ailleurs on n’a pas de rayon du soleil chez moi qui donne sur la cour, c’est dire qu’on en manque tant qu’on reste à l’intérieur.

Selon les scientifiques, le corps humain a son horloge biologique qui est à rythme de 25h par jour, dont une heure se réduit chaque jour par la réception de la lumière solaire. Donc rester à l’abri du soleil pendant une semaine entraîne le décalage de 7 heures. Aux pays nordiques, les pays de nuit blanche, on a même un luminaire pour l’éviter (peut-être, y en a d’autres effets), d’après l’émission télévisée l’année dernière.
Sous l’influence probable de cette nature corporelle, je me retardais d’un jour à l’autre à me coucher, enfin à 7 h de matin, c’était samedi. D’ailleurs, je me concentre mieux dans la nuit, ce qui m’enchaîne au bureau pour ne pas me coucher…Mais de toute façon ça s’est fait, la traduction pour le moment (ben, en fait j’en ai un autre). À peine ai-je voulu pouvoir me remettre à mes études, et rédiger quelques pages pour remettre à mon directeur de recherche que je suis obligé d’aller au Japon.
Il paraît que j’aurai un examen oral au ministère pour la bourse d’études à l’étranger à long terme, le 27 février. C’est déjà confirmé par un courrier envoyé chez moi à Nagano hier. (Je vous remercie à ceux qui ont gentiment fait les démarches au lieu de moi. ) J’y serai du 26 février au 10 mars.

Il s’agit du décalage horaire. Puisque j’en ai déjà 7 heures, ça fait, en somme, 15 heures avec celui qui est entre l’archipel et l’hexagone. Pour l’horaire japonais, ce serait vers côte occidentale des Etats-unis où je me trouve par rapport au décalage. J’aimerais bien revenir au moins à l’Europe avant le départ pour Japon.

|

« デモリションマン | トップページ | 帰日、帰仏、ここ一ヶ月 »

コメント

翻訳や面接など忙しい毎日ですね。
うちの部屋も日光少ないので時間がずれまくり
今はヨーロッパ時間で生活しています。早く直さねば。

投稿: もか | 2006年2月23日 (木) 03時22分

BBさま、こんにちは。パリにも以前2回おじゃました、元WESSのNです。
また日本に戻られるのですね。じつは、3/17~3/20に、前と同じような日程でパリ訪問を検討していた矢先だったのです。
戻ってこられるのであれば、東京で飯でもどうですか?蒲田の「漁火」のような安くて美味い店がいいですね・・・。

さて、N船長の「船長」の意味は、また追ってお話しするとして・・・。
取り合えず、ぼくたちの某先輩が勤務している、某、世界最大規模の海運会社の株を買ったところ、10万円を軽く超える含み損になっていて、こうなったらこの会社ととことんまで付き合ってやろうと思ったわけです。
最近はbunkerが余りにも高く、辛いところです。ま、死ぬまで持っておけば配当金だけで元が取れるような優秀な会社ですけどね。これを機に、僕は海運業界の用語とかも含めて、隅から隅までしらべまくって、海のプロになってやろうと思ってます。海運会社って、そこらへんの航空会社よりもよっぽど世界的規模で活躍してますし・・・。エールフランスは、"Plus de 1700 vols cotidien vers du monde"とかいう広告が、Place de la Nation近くのロータリーに有ったと思います。あの会社だけは例外的に世界規模の展開ですね。
僕は、海運業界への転職の可能性も視野に入れて(嘘)、今後海運業に詳しくなりたいと思っています。

ちなみに、BB氏のフランス語力は冴えてますね。
僕も、最近社内各部署から「このレター訳して」みたいな依頼は舞い込み、化けの皮がはがれないように冷や汗ものですが、ようやく"Nouvelle Grammaire du Francais"の本を終えて、今後ステップアップしたいところです。

全然関係ないこと書いてしまったけど、日本への帰国、お待ちしております。また、下期には仕事でパリに行くので、その際はよろしく。早ければ3月後半にも私用で行くかもしれないです。

それでは。

投稿: N船長 | 2006年2月23日 (木) 23時49分

N船長こんにちは。
ていうか、この名前、久々に聞いた〜。昔のHPで使ってたよね。
成田には26日(日曜)の14時ごろ着きます。その日は国立に行くんですが、
途中で飲んでもよいかも。空港で携帯を借りる予定なので、また電話します。

ちなみに今回は初のダイレクトフライトしかも貴社のフライトですよ。もっと安いのがあったんですが、ダブルマイルキャンペーンにしっかり乗ることにしました。
評判の機内サービス楽しみにしてまーす♪

投稿: BB船長(管理人) | 2006年2月24日 (金) 03時55分

もか様

こんにちは。アメリカでヨーロッパ時間ってことは、早起き?ですか。
もう、なんか、一周しちゃったとか。

最近やっと外に出れるようになったので、少しずつ戻ってきました。
今はなんとかヨーロッパ時間ですね。今週からまた授業が始まった
(でる義務はないんですが)ので、「シャバに戻ってきた」感もひとしお。

投稿: BB東海岸(管理人) | 2006年2月24日 (金) 04時02分

プライタからメトロでモンパに行く。。
モンパルナスから、les cars air franceに乗る。
バスはcimitiereの側や、懐かしい街角を通り、トルビアック橋の隣の橋を渡り、Gare de Lyon経由、ナシオン広場を抜け、Autoroute A1に入る。CDG1の手前の直線道路では、ものすごいスピードでぶっとばして、CDG1の周りを1周くらいまわって、Arriveeに到着する。このとき、CDG1の周りに、青い尾翼と、青いウイングレットが印象的なB747-400が駐機しているでしょう。Bienvenue abord...

CDG1は、つい最近、スターアライアンスカウンターにチェックインが移ったので注意を。いつもはサテライト3だけど、もしかしたらサテライトも順次変わってゆくかもしれない。シートテレビは、エコノミークラスでもフルAVODに対応しており、ゲームの種類も多い(某女性社員談。)

ちなみに、3月にはいると、その青い飛行機の会社は国際線20周年キャンペーンをやるので、機内食に多少スペシャルな「誕生日キャンペーン」が行われる。機内販売でも特別アイテムが登場します。帰り便の方がより楽しめるかもしれませんね。御搭乗をお待ちしています。


なお、同社の経営戦略によると、市場のおおよその予測に反して、NRT=CDGルートには、B747-400が引き続き君臨します。(B777-300ER化は当面ありません。)今後BBさんが偉くなられて、凱旋帰国でClass Affairesに乗られるような場合、2階席の、あの独特の快適な空間は、-400の特権としてまだ残ります。ご期待を。
ちなみに、俺は、たけ○さんの会社の株価暴落により、当面Class Affairesなんて望めない状況になってしまいました。。。

それではまた。

投稿: N船長 | 2006年2月25日 (土) 00時13分

前回日本からの帰国時、アリタリアのシートテレビが故障していたので、
機内視聴用にとっておいたMr and Mss Smithが見れませんでした。

快適な空の旅を期待してます。ダブルブッキングとかでビジネスに乗れたら
最高ですね。(ないか。。)

投稿: BBB747-400(管理人) | 2006年2月25日 (土) 00時39分

こんばんは。BB様。もうそろそろ、PARにお帰りになった頃でしょうか?
先日は、根津御殿でのひととき、ありがとうございました。

僕は、急遽出張が入って、3/15から3/18まで、北京の予定です。
残念ながら、商船○井(9104)の船ではなく、某日系会社(920X)の飛行機になりそうですが・・・。Le Mondeのリベンジとして、The Financial TimesとThe International Herald Tribune, The NIkkei, The Asahiなどをしっかり読みたいと思います。北京では、まだ確定ではありませんが、イルトンオテル(Hilton Hotel)に宿泊予定。
いつものことですが、ホテルのBuffetのpetit dejeunerはけっこうお得感があります。久々に食生活は改善される見込み。

せっかくの機会なので、キヤノン(7751)のEOS Kiss Digital N(父の所有物だが、事実上接収している状態)も持っていって、仕事でなければまず行かないと思われるChineを楽しんで来たいと思います。
なお、別のプロジェクトで、同じ部署の女性社員も同時期に北京なので、過ちを冒さない程度に食事などは楽しみたいと思っています。

それでは。

投稿: N船長 | 2006年3月12日 (日) 22時47分

N船長書き込みありがとうございます。
後で改めて書きますが、実は帰りの飛行機乗り過ごしました(!)。キャンペーン機内食が食べられなくて無念。
北京僕も行ってみたいです。知り合いもいることだしマイルが溜まったらそこに使うのもいいかなと考えてます。
ちなみに代わりに使ったCXの機内でパリに旅行するDragonairのhôtesse de l'airと隣席になりました。しばらくフランス語使ってない方が英語が喋りやすくなるんですね。
イルトンオテルのバイキングいいなー。

投稿: bbp(管理人) | 2006年3月13日 (月) 00時52分

ななな、なんと。
某社2XX便(会社名がばれないようにマスキングしました)に乗り遅れたのでしょうか?
N船長に行ってくれれば、日付変更authorizeとかの交渉も出来たかもしれないのですが・・・。ま、俺の権力では厳しかったと思いますが・・。


さて、昨日まで、北京行ってきました。
仕事の会議が目的ですが、観光もそこそこ楽しめるように巧妙にスケジュールを作ったのでありました(まあ許される範囲かな。)

仕事の成果はさておき(?)、ヒルトンホテルは接客も客室も、朝食バイキングの質も、最高でした。これを経費で楽しんでいいのかな、という感じもしました。航空機も、リニューアルした座席で快適で、ブルーの色が印象的な「オリジナルのカクテル」も、「Financial Times」も楽しめました。ただ、システムの都合で、この機材のAVODシステムでは「サービスの冊子」には載っている、あの荒川静香選手がExhibitionで使ったCeltic Womanの"You raise me up."を含むAlbumの部分は聴くことができず、残念。ディスク容量が足りないのだと思いますが・・・。

18日には、一応観光する時間もあり、故宮だけですが軽く見てきました。大学入試の英文か何かで随分昔に読んだ紫禁城にまつわる話を思い返しつつ、独特の感覚の迷宮を見てきました。


詳しくはまた、パリで会った時にでも・・・。

BBさんのほうは、デモの影響は大丈夫ですか?プライタでも結構派手にやってたみたいですが。


ところでこのサイト、一番上には航空機が飛んでるし、一番下の画像は、これからまさにコンテナ船で運ばれようとするコンテナが表示されてますね。なんか、僕の心を象徴するような画像ですね。
日本に戻ってきてみたところ、懸案の海運会社の株はまだまだですが、全般に、株価も落ち着きを取り戻してきたような感じです。

それでは。また会った時は飯でも食いましょう。

投稿: N船長 | 2006年3月19日 (日) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116399/8765962

この記事へのトラックバック一覧です: 上空6000マイル:

« デモリションマン | トップページ | 帰日、帰仏、ここ一ヶ月 »