« レヴィナス生誕100周年(3) | トップページ | 巨泉の使わない英語 »

2006年2月 3日 (金)

まお派

といってもスケート選手の話ではありません。今翻訳してる本で毛沢東や「インターナショナル」(歌)の話が出てくるので、ネット上で色々情報確認などしているのですが、情報の充実ぶりに驚きました。便利ですね。

ネットで毛沢東選集が読めたり、http://www.geocities.jp/maotext001/index.html

各国版「インターナショナル」が聞けたり(アレンジもいろいろ)
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/3684/kaihou/inter.htm
(おもわず前回の帰国時にもってきたベースを歌に合わせて弾いてみたり)

ついつい脇道にそれて翻訳作業に支障を来します。ただでさえ滞ってるのに。
昨日も一歩も部屋からでませんでした。ああ、外出したい。

面白い映画でもあったら教えてください。

|

« レヴィナス生誕100周年(3) | トップページ | 巨泉の使わない英語 »

コメント

こんにちは☆
BB君、相変わらずお仕事もお勉強も充実してるね!
私は別の意味で、家に篭りがち…。

レヴィナスの講演会、お疲れ様でした。
さすがBB君、何にも知らない私にもわかりやすく記事に書いてあって勉強になりました。

面白い映画、とのこと。
Jane Austin原作の「orgueil et prejuges」を見に行きたいなぁと思ってるの。
あとは、やっぱりジブリの「ポンポコ」も話題的には見ても良さそうじゃない?
また遊びに来まーす!
あ、私の軟弱ブログにリンクを貼らせてもらってもいい?

投稿: 紗季 | 2006年2月 3日 (金) 20時58分

さきさんコメントありがとうございます。初コメント頂きました。

さっきMSNで友達と話していて今日「PP」を見に行くことになりました。
「高慢と偏見」も英文科出身としては気になってました。

リンクご自由に貼ってください。

投稿: 管理人 | 2006年2月 3日 (金) 23時57分

「インターナショナル」のサイトすごいですね。
いろいろ聴いて楽しんでしまいました。

"Pride and Prejudice"観ました。
あまり期待していなかったのですが、よかったですよ。
(日本語のタイトルはなぜか「プライドと偏見」らしいです。)
あと、"Good Night, and Good Luck"(仏題知らず)は良かったです。
私がパリに行った頃ポスターがあちこちに貼ってあったのですが
もう終わってしまったでしょうか?
最近はスピルバーグの"Munich"を観ました。
いろんな意味で痛い映画ですが観る価値はかなりあると思います。
英米映画ばかりですみません。
フランス映画でいいのがあったら教えてください。
(こちらで観られるかは疑問だけど・・・)

投稿: もか | 2006年2月 4日 (土) 10時17分

もかさん書き込みありがとうございます。
「プ偏」意外と良かったとのこと。楽しみです。

Good Night, and Good Luckはフランスでも
同タイトルでした。ポスターの写真を見て
「サルコジ?!(郊外暴動の引き金になった問題発言の仏内相)」
と思ったので記憶に残ってました。まだやっている映画館が
あるので今度見に行きたいと思います。

Munichはミュンヘンオリンピックテロの後の話でしたっけ?
こちらではテロ事件そのもののドキュメンタリー映画と
「抱き合わせ公開」みたいになってます。テレビ番組でその辺
を特集したものを最近みました。この二つの映画がどうそれ
を扱っているかみものです。そういえばレヴィナスコンフェランス
でも休み時間、聴衆の話のタネになってました。

投稿: 管理人 | 2006年2月 4日 (土) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116399/8485888

この記事へのトラックバック一覧です: まお派:

« レヴィナス生誕100周年(3) | トップページ | 巨泉の使わない英語 »