« まお派 | トップページ | デモリションマン »

2006年2月 6日 (月)

巨泉の使わない英語

昔、「巨泉の使えない英語」という番組がありました。

英語としては通用しない和製英語を紹介、続いて実際に使える英語を進駐軍のラジオで英語を覚えたという巨泉が教えてくれるという番組。当時僕は小学生か中学生だったと思いますが、そこで初めてunbelievableという単語を覚えました。

先週末は友達と映画に行ったりしてひさびさに人と喋って爽快だったんですが、翻訳作業はじりじりとしか進みません。研究の方はストップ状態。

今日は朝からバイト関連のビジネスレターを日本語にしていました。この手紙、前回僕が日本語から英語に訳した手紙の問い合わせ事項に対する回答です。この手紙で前回なんと表現していいか分からない表現が色々分かりましたが、日本語でも名指したことの無いものを英語にしろと言われても困ります。今日ではネットが発達してますが、それでも見つからないときは見つかりません。で、前回困った単語というのは

洗面台の排水溝の開口部(の金具)

です。知るか。日本語でずばりそのものをさす固有名詞をご存知の方御教示ください。ちなみにその手紙では金具そのものではないんですが、

drainer orifice

と表現してました。なるほど。ちなみにorificeはフランス語でも使えます。
なんか得した気分。でもこんな単語日常生活では使えるけど使いません。
というか、あそこが独立した部品であるという意識をもったことがありません
でした。。

いや、あった。あった!うちの洗面台のこの部分が少し洗面台そのもの
よりもずれてせり上がっています。そのせいで水がそこに溜まってほっとくと
水垢がつきやすいので、「どうにかならないかなー、この部分」って思ったことがありました!。。。 というわけで今日のタイトルは「巨泉の使える英語」に変更。

***

今日のお昼過ぎまでこの翻訳と格闘。おかげで貿易の基礎知識の勉強になりました。
L/C(信用状)とか今回初めてその存在を知るという無知ぶり。恥ずかしい。

フランス語で覚えるとどうしてもフランス語から英語にしようとしてしまう癖が
ついてしまいます。たとえば、

délais de fabrication=production lead time=商品の製作日数
délais de livraison=delivery periode=商品の配送日数

ついdelayにしてみようとしたりするんですが、間違いですね。昔フランス語ができなかった時は逆のことをしてました。ちなみにドイツ語でなんと言うかご存知の方いらしたら教えて下さい。

|

« まお派 | トップページ | デモリションマン »

コメント

「巨泉の~」は「使える英語」がコーナーだった頃から見ていました。だんだん内容がつまらなくなってきたなあと思ったとたんに終了していましたが・・・

今日の日記を読んでいて、去年「生殖」に関する翻訳をしていた時のことを思い出しました。勉強にはなったけどもう今後出会わないような単語ばかりで苦労しました。

それにしても排水溝の開口部の金具、気になりますね。

投稿: もか | 2006年2月 6日 (月) 12時27分

こんにちは。初めて書き込ませていただきます。

ドイツ語ではdie Lieferfristでしょうか。自信がありません。

投稿: 泳 | 2006年2月 6日 (月) 16時23分

もかさん>最終回は巨泉が「もうネタがないので終わります」と言ってました。確かに和製英語っていってもそんなにないですからね。フランス語と英語にはいわゆるfaux amis(対応しているが用法が違う言葉。例えばactually〔実は]とactuellement〔現在は])がたくさんあるから巨泉もネタに困らなかったでしょうね。もし巨泉がフランス人だったとして。feuilleふみふみ。

泳さん>Fristなんですね、期限って。製作期限ならHerstellungsfristかなあ。

投稿: 観狸人 | 2006年2月 7日 (火) 03時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116399/8530170

この記事へのトラックバック一覧です: 巨泉の使わない英語:

« まお派 | トップページ | デモリションマン »