« 巨泉の使わない英語 | トップページ | 上空6000マイル »

2006年2月 7日 (火)

デモリションマン

というスタローンの映画がありましたが、今日僕はhomme de démontage(解体の男)になるはずでした。

démolir(英demolish 独abreissen)は主に建物などを破壊するという意味ですが、démonter(英dismount, dismantle 独auseinandernehmen)は組み立てられたものを分解、解体するという意味。ちなみに「組み立てる」はmonter、日本語の「モンタージュ」はこの動詞の名詞形です。monterの第一義は「登る」ですが、こう言う意味にもなります。

何の話かというと、またバイト関連で扱っている照明器具を今日お店に行って解体する予定でした。新しい大きなベッドが入ってきたので、一年経っても売れないこの照明を一時的に片付けるつもりだったらしいのです。

そこで先日セール価格にして(démarquer)売ってくれという旨を電話で伝えておきました。今日Rue de Bacにあるお店にいってオーナーさんに会うと、解体しなくても良いとのこと。結構気合いを入れていったんですが、拍子抜け。先日提示した値段なら買い手がつく見込みがあるようです。結局作業しなくて済み、先日終わったばかりのMaison et Objetという家具小物関連の巨大な見本市の話を伺い、現在我々が参加しているSalon du Meubleよりも、特に国外業者にとっては有利であるとの有り難いアドバイスを頂戴。

早く仏国内の代理販売業者(distributeur)を見つけたいものです。

その後はソルボンヌの図書館で翻訳の資料用にPaul Célan(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791790812/503-6680580-1221524 のブックレビューに簡単な紹介あり)のDie 『Niemandsrose(誰のものでもない薔薇)』をコピー、ブレヒト(http://ja.wikipedia.org/wiki/ブレヒト)の『Die Massnahme(対策)』とその仏語訳『La décision』を借りました。時間があればどちらもじっくり味わいたいところ。

図書館に行く前にサンジェルマンデプレのLa Uneで哲学専門雑誌を立ち読み、「Philosophie」(そのまんまやんけ)の最新号は「証言」特集。あ、指導教官も寄稿してる。しかもツェランの引用から始まってる。テーマがテーマなのである意味この引用は王道ですが(あと彼も詩人なので)、やっぱりちゃんと読まなくては、との思いに駆られました。

|

« 巨泉の使わない英語 | トップページ | 上空6000マイル »

コメント

abreissenと同じような単語にabbrechen、auseinandernehmenと同じような単語にzerlegenがあります。それらの区別は分からないけれど。

投稿: 泳 | 2006年2月 7日 (火) 17時31分

泳さんコメントありがとうございます。

abbrechenも建物の取り壊しに使うみたいですね。僕が気になるのは工事現場の看板で使われる用語です。いくつか候補はあるはずなんですが、こういうのって決まってるんですよね。で何を使うかは住んでみないと分からない。生活して初めて分かる微妙な使い分けの一例だと思います。日本語でも「作業名:家屋破壊」とはいわず「作業名:家屋取り壊し」ですもんね。いずれにしろab-ですねやはり。ZerlegenはZer(散乱、分裂、破壊)のお手本のような動詞ですね。この場合は散乱(というか「バラバラに」)という感じですね。オーストリアではこう言う、みたいのもあるんですかね。「ほかす」(関西弁で「すてる」)みたいに。

ちなみに長野では「すてる」の代わりに「べちゃる」ということがあります。
投げ捨てて「べちゃっ」、throw away、jeter、wegwerfenという感じですね。

投稿: 感裏人 | 2006年2月 7日 (火) 22時58分

ツェランはその昔友達にもらって読んだりしていました(遠い目…)。
詩はやはり書かれた言語で読みたいなあと思ったものです。
「証言」特集の引用はどの詩なのか気になりました。

投稿: もか | 2006年2月 8日 (水) 02時58分

たびたび失礼します。ドイツ語の前綴りは面白いですね。
方言ではなく、口語だと思うのですが、wegwerfenよりwegschmeissenのほうがよく耳にするような気がします。オーストリアだけなのでしょうか?だったら住まない限り覚えなくてもいいかもしれないです。
母親が関西出身なのですが、「ほかす」は初めて聞きました。「放下す」から来ているのですね。

投稿: 泳 | 2006年2月 8日 (水) 03時42分

日本ではデモリションマンよりアネハマンションのほうが有名です。
それより今は西田平謝り社長率いる東横インが有名です。
たまにはパリ情報も書いてね。

投稿: ぼあ | 2006年2月 9日 (木) 00時00分

条例違反と知りつつ、、の人だね。
はーい。こんどなんかかくわ。リーパー情報。

投稿: 管理人 | 2006年2月 9日 (木) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116399/8544478

この記事へのトラックバック一覧です: デモリションマン:

« 巨泉の使わない英語 | トップページ | 上空6000マイル »