« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月10日 (土)

海外出張

奨学金、ちっとも振り込まれません。(確か文科省の大臣て今コサケンだっけ?おいコサケンちゃんとしろよ、あ、いや、その、、マキでお願いします。)仕方がないのでちょっとドイツまで稼ぎに行きました。ドイツは去年のフライブルク以来二回目。やっぱり清潔な街っていいですね。十九世紀の首都ことパリからくるとしみじみ思います。行ったのはデュッセルドルフとその近郊ノイス。気が向いたら今度書きます。興味のある方でMixiやってる方は僕のマイミクのJudithさんの日記を見てください。

で、ドイツから帰って来たら、Eちゃん(not矢沢)からメール。その二週間後も同じ理由でドイツに行く予定だったのが、Eちゃんの手伝いで予定大変更。18日〜29日英仏独をまわることに。基本的には通訳。欧州まちづくり(タウンマネージメント)についての取材です。

今週はフランス国内のアポ取りであちこち電話。サーヴィス向上運動みたいのがあるんですが、そのプログラムと実行している街を取材したいってことでエペルネ、ポワチエ、ラ・ロシュ・シュル・ヨン(サマ。これは県の名前。カタカナデカクトウザイ)色々話しを聞きつつもピンポン式にまわされたあげくポワチエのこの運動の事務所に戻り、結局資料を送ってもらう。直ぐに全訳。。。

その結果以外としょぼいことが判明。てかフランスにはまだ顧客満足度の概念が根をおろしていないというのが実感なので、この程度なら日本に紹介するほどのものでもないかも。電話取材はするかもしれませんが。

**

その一方オルレアン(パリ近郊の歴史ある街、ジャンヌ・ダルク祭りで有名。)の方はアポ取りに成功。今朝、町づくり担当のモード業界で活躍したとかいう経歴の持ち主のヤリ手の某氏から携帯に改めて電話が、

「どうも、おはようございます。〜です。先ほど市長の方からも電話があったと思うんですが、、、、以下省略。」

一通り要件を聞き(というか殆どは確認事項)、無事にやり取りを終えるが、「市長の方からもお電話」って?、、、あっ、彼から電話が来る前に目覚ましと間違えて切ったアレか。市長ゴメン。昨日は翻訳で寝るの遅かったんす。アハハ、、。ドンマイドンマイ。

オルレアン市HP http://www.ville-orleans.fr/ 
(すごく良くできてます。フランス語がわからなくても画像フラッシュで楽しめますよ。)

***

こんな感じでフランスは何とかなりそうな感じです。来週はイギリスに電話かも。そん次はドイツ。黒ビールと白ビール。フランスはやっぱりワインで。ドイツではサッカー見ながら飲みたいっすね。先週の日本ードイツ戦はプラトー(高原)が2点いれたところで、地元のドイツ人女性からビールをおごってもらいました。一人だけノリのいいオバチャン。

これが今月の海外出張の予定です。

****

報告遅れましたが9月にカナダに行くことになりました。マギル大法学部主催のレヴィナスのシンポジウム「レヴィナスと法」で発表します。http://www.ccll.mcgill.ca/ (妙にサイケなポスター。)

英語と仏語どちらで発表してもよいと言われたので迷わず仏語に。我が英語の師匠、N船長すみません。アッシの英語は錆び付いてオリマス。発表要旨を提出してだいぶ連絡がなかったのでもう落選確定かと思っていたところに突然連絡がきたのでやや面食らってますが、楽しみ。日本の学会で発表したことないのにその前に海外でやるってのもどうかとおもうけど。

これが日本一時帰国前の海外出張。バイトじゃないけど。

*****

取材の準備もやってますが、メインは論文。出張から戻って来たらすぐに一本完成させるよう準備の合間を縫って書いてます。あとは8月中にもう一本。その他秋の日本での学会の発表要旨が3本程。なんかやりスギな感もありますが、今まで発表しなスギだったので今年はこれで挽回のつもり。ガンバロ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »